手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので チンジャオ娘

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので



俺は中村俊樹。

某大手ソフトウェア会社のシステムエンジニアだ。

俺には何も取り柄らしいものがない。

だから出世もおそい。

しかし、そんなことはどうでもいい。

俺には愛する一人娘の陽葵がいる。

俺に似ず、芸能界からも誘いがくるほどの愛くるしい顔。

明るい性格、部活のバドミントンでもかなりの腕前の自慢の娘だ。

しかし・・・。

昔からいつも、俺には似ていないといわれ続けた。

仕方ないとおもってはいたが、確かに俺に似ているところが一つも見当たらない。

ある日、俺は一世一代の賭けに出た。

娘のDNA鑑定で父子関係をしらべてもらったのだ。

その結果は・・・。

「父権肯定確立 0.000%」

うそだ。。

そんなはずはない。。

とは思えなかった。

心の奥底でやはり、、という確信があったのだ。

と同時に、赤の他人を俺の金、時間、人生のすべてをかけて育ててきてしまったのだという

後悔と、怒りがふつふつと湧き上がってきた。

陽葵は、そう、家畜と同じなのだ。

人並み以上に立派に育った巨乳もバドミントンで鍛え上げたムチムチした太腿も。

すべて俺に食われるために育ててきた家畜同然なのだ。

俺はもう止まらなかった。

学校から帰ってきた陽葵に襲い掛かった。

押し倒し、制服に包まれたIカップはあろうかというその胸をむき出しにした。

スカートをめくりあげ、パンツの上から陽葵のお〇んこ触りまくって濡れさせた。

そして、最後の一枚も剥ぎ取り、むきだしのク〇トリスとお尻の穴の間をさすり倒した。

陽葵は賢明に抵抗しているが俺の力にはかなわない。

俺の前にはかつて娘であった存在とは違う、早熟の女子高生がいるだけだ。

我慢ができなくなった俺は陽葵の子宮への入り口にいきりたった自分のあそこを・・・。


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので



ついにあの、チンジャオ娘さんの最新作がBooklive!コミックからリリースされましたね!

題名は、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」

さえないシステムエンジニア、中村俊樹。

その命より大切な宝物だった娘

その娘が自分にあまり似ていないことにかねてから疑問をいたいていた俊樹はついに、

DNA鑑定を決意します。

しかしその結果は・・・。

俊樹には残酷なものでした。

親子関係「0.00%」

その結果を見た瞬間、俊樹は妻への怒りと絶望にさいなまれます。

今目の前にいる女の子は自分の娘ではない。。

ということはひとりの豊満な身体に成長した女だ。

心の制御をといた俊樹は眼に入れてもいたくないほどかわいがっていた娘を傷者にしてしま

います。

すべて終わったあと、俊樹は警察に自首をしようと考えていました。

しかし陽葵は。。

んー、どちらの気持ちも理解できますね。

いまのいままで大事に自分を育ててくれた優しい父。

その父の絶望を感じ、自らの身を捧げることにした娘。

その心の葛藤も見どころですね。

さすがはチンジャオ娘さんというところでしょうか。

チンジャオ娘さんのお話にはいつもウェットな部分、つまり人間の情というものが描かれて

います。

そこがただエロなシチュエーションだけではない魅力になっているのでしょうね。

ぜひ皆さんもこの最新作を楽しまれてくださいね。^^